婚活の種類は様々

2022年1月11日

婚活を始めようかな、もしくは婚活中の方、単に興味があるだけの方に、私が体験してきた様々な婚活の形式を、実体験に基づきちょっぴり主観的ではありますがわかりやすくお伝えします。

婚活のスタイルは大きく3つ

今や世の中に様々あふれる婚活情報や婚活手段ですが、それを大きく3つのグループに区分していきます。

1.従来型

これはいわゆる皆さんが婚活といって一番に想像するであろう、結婚お見合い所に仲介して貰う形のお見合いになります。大手から小さなところまで、主要都市の各駅に必ず何箇所かはあるのではないでしょうか。

基本的には、男女ともに有料で会員となり、会員同士で、条件の合う人と実際に会って、結婚相手を探していくものです。その際には、相談所ならではのスタッフからのサポートを受けられるのが特徴で、相談相手になってもらえるのも心強い点と言えるでしょう。

ただあくまでも、ビジネスですのでお見お会いのたびに課金がある相談所や、成婚時の成婚料など、費用もそれなりにかかります。

しかしその分、本人確認もしっかりされているので、安心ですし、お見合い前に直接は相手に聞きづらい年収や身長などの細かい情報も前もって知ることができます。

2.お手軽型

最近ネット広告などでも目にすることも多いと思いますが、スマホ一つでできる婚活アプリお見合いパーティー街コンなどがこのグループに当たります。

特徴はやはり気軽に始められること。料金も無料のものから有料でも月数千円程度であまり構えずにスタートできるのことで、本人確認をしているもの、していないものどちらも混在しています。

その分当たり外れも一番このお手軽型が一番大きいでしょう。しっかりやる気の人、遊び感覚の人、プロフィールの写真を見ているだけでもその差は歴然で、しっかり写真館で撮ったような写真の人もいれば、写真を載せてさえいない人もいます。

アプリにしろ、パーティーにしろ能動的に動かなくてはなかなかカップル成立にまではたどり着きにくいので、ある意味婚活の意識が高い人同士が出逢えば、カップリング成立は当人同士で話を進められるので早いという一面もあります。

3.超古典型

お釣り書、仲介人、「ご趣味は?」ともはやドラマの中にしか存在しないのではないかというようなお見合い界は実は現在日本にもしっかり存在しています。

3つの婚活の型の中で、一番お相手探しには間違いがない一方で一番メンタルがすり減るのも間違えなくこのタイプです。

まず特徴は、入り口はみえないところにあり、偶然異性を紹介してくれたオバサマがお見合い界に繋がっていたなんていう形や、一部の超上流階級のみにあるネットワークのような、なんとも見えづらい世界であることです。

まず基本的に古典派なので、男性優位なお見合いになるのは覚悟です。基本的に女性は30分前集合であったり、お見合いにはお見合いオバサマが同席で、お見合いの度にお車代をお渡し、お見合い後はオバサマを通してお相手への印象をお伝えするという、おいおい体験談を書いていきますが一種独特すぎる世界です。

この3大お見合いすべて経験してきましたので皆様にはその経験や、そこで出会った個性の強すぎる方々についてお伝えしていきたいと思います。私自身が女性ですので、男性についてのお話になりますが、婚活男性にもぜひ反面教師として参考にしていただけたら幸いです。

婚活入門編

Posted by Ms.Single